←アーカイブのメニューに戻る ●日韓トンネル研究会のTOPページに行く●

分野別リスト(路線・設計・施工)

路 線
 
有無 文 献 名 分量
MB
  MB

 

走 体
 
有無 文 献 名 分量
掲載 伊藤俊彦(1983):日韓トンネルにおける走体と輸送方式、日韓トンネル研究,No.1,pp.104-124,1984.5.  MB
掲載 比留間豊・伊達英夫(1987):将来の自動車と代替燃料、日韓トンネル研究,No.6,pp.86-98,1987.3. MB
谷藤正三(1995):21世紀の交通輸送システム、日韓トンネル研究,No.15,pp.34-39,1995.5
 


設 計
 
有無 文 献 名 分量
掲載 橋梁小委員会(1987):橋梁新素材に関する検討、日韓トンネル研究,No.7,pp.90-95,1987.12. 5MB
掲載 佐久田昌昭(1988):人工島について、日韓トンネル研究,No.8,pp.54-59,1988.10.  MB
第3部会(1991):日韓トンネル計画沈埋トンネル概略施工検討概要報告、日韓トンネル研究,No.11,pp.26-41,1991.5. MB
道路トンネル委員会(1992):道路トンネル計画に関する調査、日韓トンネル研究,No.12,pp.84-92,1992.3. MB
持田豊(1995):日韓トンネル(国際ハイウェイ)への期待、日韓トンネル研究,No.15,pp.66-76,1995.5. MB
  MB


施 工
 
有無 文 献 名 分量
掲載 j.v.Harrington・W.L.Bohannan(1986):海底トンネル工事における水中ケーソンの使用、日韓トンネル研究,No.4,pp.159-178,1986.2. MB
掲載 田中壬子也(1986):シールド工法と長大海底トンネル(1)、日韓トンネル研究,No.5,pp.39-46,1986.8. MB
掲載 田中壬子也(1987):シールド工法と長大海底トンネル(2)、日韓トンネル研究,No.6,pp.100-106,1987.3.
掲載 田中壬子也(1987):シールド工法と長大海底トンネル(3)、日韓トンネル研究,No.7,pp.82-89,1987.12.
NEW 九州支部第3部会(1989):日韓トンネル施工のための注入工法に関する研究(1)、日韓トンネル研究,No.9,pp.82-88,1989.5.
NEW
世良田章正など(1989):地下掘削における定量的解析技術SPDR- システムの理論と応用、日韓トンネル研究,No.9,pp.132-139,1989.5. 
NEW 九州支部第3部会(1990):日韓トンネル施工のための注入工法に関する研究(2)、日韓トンネル研究,No.10,pp.64-69,1990.10.
コリン・カ-クランド(1991):ドーバー海峡トンネルの概要、日韓トンネル研究,No.11,pp.14-17,1991.5.
九州支部第3部会(1991):日韓トンネル施工のための注入工法に関する研究(3)、日韓トンネル研究,No.11,pp.42-49,1991.5.

ページのTOPに戻る