← 英仏海峡トンネルのメニューへ ●日韓トンネル研究会のTOPページに行く●
カンタベリー条約

カンタベリー条約は英仏海峡トンネルを事業認可するため、1986年2月12日に英仏間で調印された条約です。

 1979年にイギリス国鉄(BR)とフランス国鉄(SNCF)が共同でトンネル案を両国政府に提出した。これを契機としEC加盟が大きな動機となり1984年にサッチャー英首相とミッテラン仏大統領が海峡トンネルに関する協定を締結した。翌年1985年に多くのグループから計画案を募り、現在のユーロトンネル社案が採用された。

 英仏両国は1986年2月12日に英国のカンタベリーでサッチャー英首相とミッテラン仏大統領が海底トンネルを事業認可する20条からなる条約(カンタベリー条約)を締結、同年5月にユーロトンネル社が本格着工し1994年5月に開通した。


カンタベリー条約(英語&フランス語) 
  英文:黄色い着色部分



◆カンタベリー条約(日本語訳)=作成中

作成後、会員のページに掲載します。


ページのTOPに戻る